05
    TOP IMAGE
    http://michael123.blog27.fc2.com/

    2017-05

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    シスコ、3歳!!

    はぁ~~、思えば月日が経つのは実に早い!!
    ドタバタした毎日、仕事に追われ…、あら、いつの間にかシスコくんのバースディ!!




    昨日は私の仕事も忙しく、帰宅して散歩したら夜中だった。
    寝ぼけ眼で散歩に出て、ふと思いついた事がある。

    10年前くらいに見た映画。

    「ダンス・ウィズ・ウルブス」

    ケヴィン・コスナーが自ら監督製作したとかの名作。

    あれはいい映画だった!!

    なにゆえ、今日になって思い出したか?と言うと、主演コスナー率いる愛馬の名前が「シスコ」だったのだ。

    実はその頃から…、そう、我が家の愛犬の名前の候補になっていた。(笑)




    ハスキー犬とひとつ屋根の下で暮らして、「自然」とか「野生」にはどんどん興味を持つようになった。

    映画では追い詰められて行くインディアンの姿、そして彼らの住む世界に土足で入ってゆく白人たちが描かれているが、

    一言では言い表せない深い感動があった。

    北海道にも、先住民「アイヌ」がいた。

    歴史的には似たものを感じる。

    祖父が北海道に本州から入植した頃、本州人は数を数えられないアイヌを相手に、ずいぶんひどい事をしていたと聞いた。

    山奥からサケを担いで売りに来たアイヌに、「はじまり~、ひとーつ、ふたーつ…」と。

    もちろん、「はじまり~」なんて数字があるわけがない。

    人のいいアイヌ人は何でもすぐに騙されたと言う。

    雪の中をサケの皮で出来た長靴を履き、どんな粗雪も漕いで山奥に姿を消したと言う。




    我が家でも鮭のトバ(腹の部分を寒風で干した物)は良く食べるが、皮だけは犬にも食べさせた事はない。

    サケの皮は靴になるほど固く、頑丈なのだ。

    インディアンもアイヌも、自然の中で動物達と共存してきた人々なのだ。

    決して必要以上に命を奪わず、狩猟で得た獲物は山の神、川の神に感謝を捧げた。

    有名な「イヨマンテ」。熊祭り。

    自然と生きるって凄い事なんだ…!!と深くため息をついた。




    シスコくん、立派に3歳になったね♪

    君たちの祖先はシベリアの極寒地で自然と戦いながら生きてきたんだよ。

    電気もガスも水道もなく、高層ビルもショッピングセンターも百均もないさ!

    ブランド品なんか役にも立たず…、食べる物だって命がけで確保していたんだ!

    今じゃ、文明が恐ろしく発達したけれど、それなのに、、、

    現代の医薬品・薬はすべてアマゾンの奥地から開発されてるんだって!

    猛毒のコブラの毒や、ジャングルに生えている様々な植物から現代医療が賄われているなんて!!




    犬は体内でビタミンCを合成できるそうな。

    だから、体力の回復も早く、病気にも強いとか。

    で、人間が癌に侵されたときにはビタミンCの大量投与という手段も開発された。

    犬って自分の身体でビタミンCが作れちゃうんだからすごいよなぁ~。

    但し、犬でも病気にかかると、体内合成が出来にくくなるので摂取させた方が良いようだけど。

    てな訳で、私もビタミンCを毎日飲んでいる。(爆)




    アマゾンの奥地では、先住民の長老は何でも知っている。

    まるでインディアンの長老や酋長みたいだ。

    この木はこの病気に効く、この葉は○○に効く…。

    そう、ヒマラヤの山奥の仙人も同じだ。

    霞を食べて生きていると言われているが、、、、、


    「人を数秒で殺すことが出来る毒草がこの世に存在するのだから、

    逆に人を永遠に生かせる草も存在する」のだそうだ。


    うん、確かにそう言われりゃそうだ。むむむっ。若返りの薬になる葉っぱもありそうだ!!

    しかし、文明の発達で楽して、あぐらをかいてる人間にはその草がどんな草なのか見分けもつかない。

    ギョウジャニンニクとスズランの葉を間違えて食べて死んだりしてるし…はぁ~。ダメだコリャ。




    先人の智恵は偉大だなぁ~。

    自然と共存して生きるって事は、文明の力を頼りに生きている私らみたいな「へなちょこ」とは訳がちがうのよね。トホホ。

    生かし、生かされる。

    そんな事に気付かせてくれるのも、君たちのおかげだよ。




    「ママ、今のままじゃ、全然ダメじゃん~」 と言ってるシスコ。(爆)

    君の「にゃはは顔」はそういう意味だったのかい?(涙)




    若い頃に読んだ、吉村昭 著作 の「熊嵐」。

    薄い本なのだが、読み始めたら一晩で読んでしまった。

    北海道の苫前で発生した人食い熊。

    野生動物の習性から、妊婦の腹から食い、村を全滅させた恐ろしい事件は本当にあった歴史。

    明治政府の軍隊など、助けに来ても雪中行軍で全く役にも立たず。

    人食い熊とたった一人で戦ったのは火縄銃を肩にしたマタギの爺さん。

    今も「北海太郎」と言う熊がその爺さんに仕留められて、剥製になり、どこかの資料館?旅館?にある。

    立ち木一本を背に犬の毛皮を尻に轢き、雪の中を何日も待つマタギ。




    あ~あ、こんな公園の雪でへばってたんじゃ、役立たず飼い主だわよね。(まったくだわ。by ミッシェル )

    今日はシスコくんのバースディのおかげで、色々考えさせられたわ~。




    自然が一杯の北海道。野生的な「みっしぇる地方」。

    こんな環境にいるのだから感謝しなくっちゃ! ゲロゲロしている場合じゃないわよね。(笑)

    うん! もう一度、「ダンス・ウィズ・ウルブス」を見よう!!

    CD屋さんにでも行って来よう!!

    そして、科学薬品づけの生活を見直そうー!!!

    ミッシェル、シスコ、一緒にまた、「自然」を教えてね。

    そして、来年も元気に4歳をお祝いしようね。
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    ● COMMENT FORM ●


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://michael123.blog27.fc2.com/tb.php/121-9a44866a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    やったー!BOBゲットだー!! «  | BLOG TOP |  » 新緑の休日

    ★お知らせ★

    当ブログに掲載の写真、
    イラスト、記事全般は
    全て持ち出し厳禁です。
    どうぞ宜しく
    お願い致します<(_ _)>

    最新記事

    最近のコメント(コンパクト)

    データ取得中...

    カテゴリ

    未分類 (499)
    健康 (4)

    みっしぇる家のリンク

    みっしぇる家のHP
    (ただいま更新中~)


    ★facebook始めました★



    ★スノーリリー犬舎★
    (シスコの実家)

    ★ガーデックス犬舎★
    (ミッシェルの実家)

    ★シェリーブランカ犬舎★
    (ニコルの従妹ちゃん)
    ☆HPがリニューアルされました!☆






    月別アーカイブ(タブ)

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    フリーエリア

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。