11
    TOP IMAGE
    http://michael123.blog27.fc2.com/

    2017-11

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スーパーどっぐ♪

    どんどん冷たい気温となって行く北海道~

    今日もこんないいお天気だったのに突然、雨が!!

    まさしく…女心と秋の空!!







    さすがに子育て5ヶ月目となるとミッシェルさんにもお疲れが?

    だけど、夜は自転車で1時間も平気でお散歩も出来ちゃうタフマック。




    やれやれ…。

    今年もあと2ヶ月で終わるのよ。シンジラレナーイ!!

    サテ、今日はシベハス談義?を~




    日頃のシスコくんの日課は、こうして屋上の片隅で近辺一帯を見張ること。

    と、言えば聞こえがいいが、実は非常にのほほん~と昼寝をしているだけ。




    Babyたちが生まれても、日頃の日課は変化する事なく、ひたすら屋上から付近を見回し寝ておりました。

    なんたって、子供の頃から、シスコの一番の趣味は「寝ること」でしたの。
















    ミッシェルは子育て大変なのに、君は寝てばかり…

    と、思うのは、人間の勝手な解釈であったとシミジミ感じる今日この頃。

    屋上のこの片隅は、家の変化を全て知る事が出来る要塞。

    直下は玄関。

    なので、知らない人や怪しい犬や人間が通ると、シスコはすばやく階下に下りる。

    その素早さは…、日頃のほほん~としているシスコとはまるで別犬。

    ピンポーン♪とチャイムが鳴るまで吠え続けるミッシェルとニコル。

    戸が開く直前には、ミッシェルとニコルを居間に押しやり、玄関に立つ。

    戸が開いて、危険がないと判断されると、ミッシェルの口元にフンフン何やら告げて、屋上に素早く戻る。

    オス犬の本来の役割なのか~と、いつも感心する。




    我が家は親戚が多い。

    母の兄弟姉妹は11人。なので、私には従弟妹が30人以上いる。しかも私が一番年長~。

    遊びに来る従妹たちには、小さい子供たちが。

    そんな子供たちとも優しく遊び、決して飛びついたりする事もない。




    腰の大手術と肝臓を悪くして歩けなかった母には常にミッシェルが。

    こんな姿を見ると、イニスフリーのブラニガンの血が流れているのかなぁと。

    確か、セラピードックとなった子供か兄弟がいたような…




    どんな小さな子にも恐がらせる事は決してしない。


    自慢じゃないが、我が屋の犬達は「お手」も「おかわり」もしない。

    早い話が芸無し。

    でも、飼い主の私自身、そんな事を教えるつもりもない。

    だって「ペット」じゃないから。 

    ただ、それだけの理由。


    散歩してると、たまにノーリードで誇らしげに、命令を繰り返して犬を連れている人もいる。

    それはそれでご立派な事なのかもしれないが、私は我が家の犬に命令するつもりはトンとない。



    「行け!」と命令されれば、火の中、水の中、多分そのままクレパスにも落ちるであろう犬種と、

    自分で判断しクレパスを避けて進むシベリアンハスキーとは全く違う…と、私は思っている。


    弾丸を背負わせて、敵陣に進めー!と、尻を叩いても、ハスキーの場合は恐らく敵陣には向かわず、

    そのまま踵を返して味方本陣に戻ってくるか、全く違う所へ逃走してしまうかだろう。

    ヒトラーも真っ青かも知れない。(爆




    シベリアンハスキーは馬鹿、飼い難い…などの悪評が広まったのも、こんな性質のためなのかも知れない。

    早い話が、「馬鹿な飼い主よりはるかに頭が良い」だけ。

    飼い主の命令に従うのが喜びであり、遊びでもある…と言う犬種に私は魅力を感じない。


    群れで生き抜くハスキーの素晴しさ!

    どうやって連絡を取り合っているのか判らぬが、ミッシェルがBabyたちに吐き戻さない時はシスコが吐く。

    産後、ダイエットしていたミッシェルに、腹が減っただろう~と、オヤツを隠し持っていて渡すシスコ。

    ミッシェルが子育てに疲れると、代わりにそっとやって来たシスコ。


    君は素晴しいオスだよ!


    言葉も文字も持たない犬達なのに、一体、いつ、どうやって互いに連絡を取り合っているのか?


    俗に言う「KY」、 人間界の「空気読めない人間」と違って、空気も読めば、危険も天気も察知する犬達。




    私が犬達に今まで教えた事といったら… ツケ、待て、進め、ストップ位のものである。

    それでも、ドッグショーにも出ちゃったり。(笑




    私はショーをやりたくてハスキーを飼った訳じゃない。

    犬橇を楽しみたくってハスキーを飼った訳でもない。

    命令に従順にさせて自慢げに連れ歩きたかった訳でもないし

    セラピードッグにしたかったわけでもない。




    逆を言えば、ショーだけのためや、犬橇だけのために犬を飼おう!などと思わなかった。

    私が望むスーパードッグとは、それら全てが出来る犬の事。

    両親のためにセラピーもこなし、時には畑作りの作業犬、時にはショードック、時には橇犬。子守り。




    そんな要求に少しづつ答えてくれてるミッシェルとシスコ。

    さすがはブラニガン、ダーカーの血を引く名犬だわよ。血は争そえぬ…としみじみ。

    Snow Lily、GUARDEXの両犬舎さまには頭が上がりませんわ。




    父の具合が悪い時には、そっと枕元で添い寝を続けるミッシェル。

    私達にも判らなかったのに、どうして父の具合が判ったのか?

    野生って凄い。


    今日も、何食わぬ顔でいつも通り、屋上で番を努めるシスコくん。

    ボーッとしているようで、実は、家の中の何処の部屋に誰がいて、ニコルが何処にいて何をしているのか

    全て網羅しているのよ。

    それでいて、ミッシェル母さんの子育てや女の領分には絶対入り込まぬ。

    凄いよ、シスコ。

    最近、女性化して来ている職場の男たちにもその姿を見せてやってよ。(笑


    本当のカッコ良さって…、野生の中にしかないのね、きっと。

    だから女は皆、野生的でワイルドなものに惹かれるのかもしれないわね♪




    ささ、今度はニコりん。

    最近めっきりやさしくなったミッシェル母さんの元、どんな子に育つのだろう?

    無論、私などが横から口出しをして教える事など何もありませんし、

    ミッシェル、シスコ訓練士以上の訓練士などいると思ってもおりませぬ。(爆
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●

    ● COMMENT FORM ●


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://michael123.blog27.fc2.com/tb.php/13-52b79c6d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    従妹&従弟ちゃん♪ «  | BLOG TOP |  » ちょっとひと休み~♪

    ★お知らせ★

    当ブログに掲載の写真、
    イラスト、記事全般は
    全て持ち出し厳禁です。
    どうぞ宜しく
    お願い致します<(_ _)>

    最新記事

    最近のコメント(コンパクト)

    データ取得中...

    カテゴリ

    未分類 (507)
    健康 (4)

    みっしぇる家のリンク

    みっしぇる家のHP
    (ただいま更新中~)


    ★facebook始めました★



    ★スノーリリー犬舎★
    (シスコの実家)

    ★ガーデックス犬舎★
    (ミッシェルの実家)

    ★シェリーブランカ犬舎★
    (ニコルの従妹ちゃん)
    ☆HPがリニューアルされました!☆






    月別アーカイブ(タブ)

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    フリーエリア

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。